中学受験の親の悩みQ&A
中学受験をめざす親のみなさんから届く報告、悩み、相談は年間1,000を超えます。ストロング宮迫が答えたものをまとめてみました。
Pocket

これが本当に実践したということ

1ついただいたご報告を紹介しましょう。

1つ1つということを言葉でなく、実行してきた方の報告です。

どうぞ!

小6 本番まであとわずかさん

6年生になる直前、中学を受験したいと言い出した息子。

いくつか塾へ体験に行き、本人が一番面白かったという地元の大手塾へ入塾を決めました。春期講習直前でした。担当の方が、中学受験について説明してくれるのを聞きながら、えー、そんな大げさな…とどこかたかをくくっていた私。

子供と一緒にテキストを開いてびっくり。算数はさっぱりわからないし、他の教科は大学受験並の知識を問うています。塾の宿題は、夜中の2時を過ぎても終わりません。毎夜9時半に寝ていた息子はもうボロボロでした。

そんなにがんばったのにもかかわらず、春休み明け、入塾始めての模試の結果は偏差値39。塾では後ろから二番目。あまりのショックに私は涙が止まりませんでした。学習内容の膨大さに、もう無理だと思いました。

161

それから二ヶ月。

ストロング先生のサイトと出会いました。マユツバだったらどうしよう、ネットだし、こういうときは一番人は騙されやすいんだよな…と思いつつ『10の鉄則』をコッソリ購入。

一つ一つが、真剣さに満ちていました。内容すべてにその通り!と納得。毎週のストロング先生からのメルマガもとても励みになりました。

偏差値39でスタートした息子でしたが、テスト結果での席替えがあるたびに、一人、また一人と抜かして、前回ではクラストップとなり、今回はついに上位クラスへ移動となりました。

偏差値は61.3

105

塾の先生がとても喜んで下さいました。『10の鉄則』の全てが実行できているかはまだまだ怪しいもんですが、子供が勉強を要領よくやれるようになり、そこに結果がついてくると、本当に嬉しいです。

ありがとう、ストロング先生!テストのABC分析はうちの塾では正答率が出ないので難しいのですが、とりあえずテキストの基本と標準のみを繰り返し解いています。

自分のための勉強…だった私は。大学に合格後、その先を見失ってしまいました。

息子には社会の中で、息子の存在が活かされるための勉強であってほしい。将来はたくさんの人の役にたつような仕事をして、大変な中でもくじけないで充実感を感じられる日々を過ごしてもらいたいです。

本番まであとわずか。片田舎からの受験。選択肢はほとんどなく、受験できるのもわずか。1月にはどちらも結果が出ています。

どうなっても、親子で必死に向き合って頑張ってきた日々はかけがえのないもの。ストロング先生の動画を見つつ、最後まで走り抜けていきたいです。出会えて、本当に良かった!

まとまりのない長文を、最後まで読んで下さってありがとうございました。

また、いろいろ報告させて下さいね!

頑張りましたねえ。6年から初めてのこの結果。その苦労はカンタンなものではなかったでしょう。それにしてもすごいですなあ。

頑張る子供になってもらうためには

人は自分たちが出し成果に対して自信が持てる。
それ以上の自信は過信になります。

頑張る子供になってもらうためには成果や実績がいります。

155

みんなに言う1つ1つ階段を登るということばですが、見事にここまで1つ1つ登ってこられました。

態勢は整った。まだまだ3ヶ月、入試演習を頑張って穴を見つけて埋めて、入試演習して穴を見つけて埋める。

そして入試演習で得点を出し、さらに自信をつけて勢いをつけて入試に臨みましょう。

頑張っている人にはとても勇気づけられる報告でした。

【親のノウハウ】親にしかできない勉強の工夫を実践。教育系の雑誌でも親技を紹介されてきました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう